スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

さて、

久しぶりに真面目に書こうか。
以前に僕は例会で「ネコ」出したが、試作品にも満たない完成度のものでしかなかった。
だが、と言って更なる改良の末に良作が出来たわけではない。それでも忘れないうちに書き留めておく必要があったためこのような形をとることとなった。

「ネコ」の基本的な考えは"座った姿勢""尻尾は長く""見た目はシンプル"かつ"シルエットはカッコイイ"だった。
そのために始めに用いたのが魚の基本形から真ん中の対角線部分に領域を増やして顔を作るスペースを確保するというものだった。単純に考えてそれでは尻尾を長くとったときに腕の出る位置がドンドン下がっていってしまう。だけど、今までの"勘"とか"経験値"みたいなものでなんとかなるだろうと高をくくっていた。
案の定、腕は下がっていく。そのため22.5°等のわかりやすい折りをほぼ止めて、腕を上に配置しつつ尻尾を長くする最大公約数的な折り方をなんとか見つけられた。それが、前に例会で出した「ネコ」というわけだ。
いろんな人から方向性は間違ってないと言われたが、間違ってないのは方向性だけで、その他はほとんど駄目だった。

そこで基本に立ち返り、「ネコ」の展開図を書くことにした。多くのダメなポイントを洗い出したその残り、つまり、使えそうなところはどこか。それは"インサイドアウトの為の角の奇数分割"と"シンプルな顔造形"くらいだった。つまりこの二つが、例え変則的な角度の折りから22.5°系に方向転換しても盛り込めそうなポイントということになる。
ここで、展開図を見ていてあることに気が付いた。それは魚の基本形を折り込みすぎて小鳥の基本形に近付いている、ということだった。ということは、小鳥の基本形の方が上手く行くんじゃないのか。
早速、展開図からの創作に入った。(なぜなら予備校の講義中は堂々と折れるような雰囲気じゃないからだった。)折るより前に書く。これだけでもある程度の障害は乗り越えられるし、何より、展開図からだとパーツ毎に創作してく上で最もスマートに内容が理解できた。(と言うより折りながら模索するとどう繋がるかが若干見えにくく、それに、あまり感覚に頼らないで行こうという気持ちもあった。)結果、今現在試作の段階ではあるが、30°と22.5°の入り混じった上半身が出来た。これからずいぶんと時間をかけて下半身を創っていくわけだが、ようやく。
小松さんとかが言っていたレプタイルの話とか敷き詰めてく話とかがちょこっとだけわかった気がする。何と言うか、感覚的にすっと入ってきた感じだ。

以上途中経過終わり。
スポンサーサイト
 
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
リンク
リング
  • 時間ねぇ~

  • 時間のないサイト運営者リング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。